コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開戦 カイセン

デジタル大辞泉の解説

かい‐せん【開戦】

[名](スル)戦争を始めること。⇔終戦
「吾国既に清朝と―す」〈独歩・愛弟通信〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

開戦【かいせん】

国家間で戦争を開始する行為。戦時国際法は戦争開始に際しては相手国に対する戦争行為開始の宣言(宣戦)もしくは最後通牒(つうちょう)の提示の義務を定めている。これは同時に宣戦があればその戦争が合法であることを意味する。
→関連項目戦争状態終結宣言戦争の放棄

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいせん【開戦】

国際法上の戦争状態の開始を意味し,これにより交戦国間に戦争法が適用され,外交関係の断絶等の効果を一般には生ぜしめる。開戦にはいずれか一方の国による〈戦意の表明animus belligerendi〉を必要とする。これは明示または黙示に外部に表示されねばならないが,慣習法上定まった形式はない。1904年の日露戦争での明示の戦意表明のない開戦に対する批判を契機に,07年のハーグ平和会議で〈開戦に関する条約〉が成立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かいせん【開戦】

( 名 ) スル
戦争を始めること。戦闘を開始すること。 ↔ 終戦 「突如-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

開戦
かいせん
commencement of war

戦争の開始をいう。国際法上、戦争は国家の一方的な意思表示で開始される。このような意思の表示には、明示的な表示と黙示的な表示とがある。もっとも、1907年にハーグ平和会議で署名された「開戦に関する条約」(日本は1912年に加入)は、理由を付した開戦宣言の形式または条件付開戦宣言を含む最後通牒(つうちょう)の形式をもつ明示的かつ事前の通告なくして戦争を開始できないことを規定した。この条約は、事前の明示的な開戦の意思表示を要求することによって、奇襲攻撃を防止しようとするものであった。41年の日本の真珠湾攻撃は、この条約の違反を構成するといわれている。もっともこの条約は、開戦の意思表示と実際の開戦の間の時間的間隔を制限していないから、奇襲攻撃防止の機能をこの条約に期待することは、当初からほとんどできなかった。最近では侵略戦争の違法性が一般に確立しているから、戦争開始の方式に関する法規制は意味を失っている。違法行為である侵略=攻撃戦争について、その開始の方式を定めることは論理的に不可能だからである。[石本泰雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

開戦の関連キーワードベートマン・ホルウェーク英独立調査委の報告書アメリカメキシコ戦争イランイラク戦争ロシアトルコ戦争イラク戦争と日本矢合わせ・矢合せ七博士建白事件チャールストンバルミーの戦いクロパトキン東条英機内閣カレイジャス武器等製造法日韓議定書ナルバの戦カルフーン戦史・歴史野村吉三郎対露同志会

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開戦の関連情報