開戦(読み)かいせん(英語表記)commencement of war

日本大百科全書(ニッポニカ)「開戦」の解説

開戦
かいせん
commencement of war

戦争の開始をいう。国際法上、戦争は国家の一方的な意思表示で開始される。このような意思の表示には、明示的な表示と黙示的な表示とがある。もっとも、1907年にハーグ平和会議で署名された「開戦に関する条約」(日本は1912年に加入)は、理由を付した開戦宣言の形式または条件付開戦宣言を含む最後通牒(つうちょう)の形式をもつ明示的かつ事前の通告なくして戦争を開始できないことを規定した。この条約は、事前の明示的な開戦の意思表示を要求することによって、奇襲攻撃を防止しようとするものであった。41年の日本の真珠湾攻撃は、この条約の違反を構成するといわれている。もっともこの条約は、開戦の意思表示と実際の開戦の間の時間的間隔を制限していないから、奇襲攻撃防止の機能をこの条約に期待することは、当初からほとんどできなかった。最近では侵略戦争の違法性が一般に確立しているから、戦争開始の方式に関する法規制は意味を失っている。違法行為である侵略=攻撃戦争について、その開始の方式を定めることは論理的に不可能だからである。

[石本泰雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「開戦」の解説

開戦【かいせん】

国家間で戦争を開始する行為。戦時国際法は戦争開始に際しては相手国に対する戦争行為開始の宣言(宣戦)もしくは最後通牒(つうちょう)の提示の義務を定めている。これは同時に宣戦があればその戦争が合法であることを意味する。しかし第1次大戦後,戦争そのものを非とする国際社会の風潮が高まり,宣戦することなく,いわゆる事実上の戦争に訴えることが一般化するようになった。その代表例は,満州事変,日華事変を契機として起こった日中戦争であった。
→関連項目戦争状態終結宣言戦争の放棄

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「開戦」の解説

かい‐せん【開戦】

〘名〙 戦争状態にはいること。戦闘を開始すること。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉後「早晩開戦に及ぶべき有様なれども」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「開戦」の解説

かいせん【開戦】

国際法上の戦争状態の開始を意味し,これにより交戦国間に戦争法が適用され,外交関係の断絶等の効果を一般には生ぜしめる。開戦にはいずれか一方の国による〈戦意の表明animus belligerendi〉を必要とする。これは明示または黙示外部に表示されねばならないが,慣習法上定まった形式はない。1904年の日露戦争での明示の戦意表明のない開戦に対する批判を契機に,07年のハーグ平和会議で〈開戦に関する条約〉が成立した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android