コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ワールドロペット ワールドロペット World Lopet

3件 の用語解説(ワールドロペットの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ワールド‐ロペット(World Lopet)

《Lopetは、元来スウェーデン語で、ゆっくり走るの意》クロスカントリースキーの国際組織

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ワールドロペット

1978年にクロスカントリースキーが盛んなスウェーデンドイツ、米国などの9大会が加盟し、愛好者を増やす目的で発足した。現在、欧州を中心に16カ国、16大会で構成されており、一冬に12万人以上が参加する国際的イベントだ。10大会で完走すると、「ワールドロペットマスター」として認定されるが、日本国内ではわずか47人しか取得していない(2013年12月10日現在)。

(2013-12-16 朝日新聞 朝刊 東スポーツ特集1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ワールドロペット
わーるどろぺっと
Worldloppet Ski Federation

長距離クロスカントリースキー大会の国際連盟。本格的な競技者から高齢者や子供までもが参加できる競技大会を運営し、クロスカントリースキーの普及活動を世界中で展開している。欧米の9大会が加盟して、1978年にスウェーデンのウプサラで発足した。2014年の構成は、アメリカイタリアエストニアオーストラリアオーストリアカナダスイス、スウェーデン、チェコ、ドイツ、日本、ノルウェーフィンランドフランスポーランドロシアの16か国、16大会である。日本では、札幌国際スキーマラソン大会が1986年(昭和61)から加盟している。1999~2000年シーズンからは、国際スキー連盟FIS:International Ski Federation)と共同で、クロスカントリーのトップ選手による年間シリーズ戦、FISマラソンカップを開催している。また、競技の普及を目的として、一般の人々がエントリーできるコースも設定されている。札幌国際スキーマラソン大会の場合、スキーマラソンは50キロメートルと25キロメートルの2コース、歩くスキーは11キロメートル、5キロメートル、3キロメートルの3コースが設けられている。
 ワールドロペットでは、全大会共通のパスポートを販売し、完走者には証明・記録スタンプをこのパスポートに押す認定制度を設けている。16大会中10大会以上を完走すれば、最高ランクのワールドロペットマスターに認定される。2013年時点での認定者はおよそ2800人で、そのうち、日本人は47人いる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ワールドロペットの関連キーワードクロスカントリークロスカントリースキー音威子府クロスカントリーコース木島平クロスカントリースキーコース光徳クロスカントリースキー場富沢クロスカントリーコースなよろ健康の森クロスカントリーコースクロスカントリーレースクロスカントリー競技大衆クロスカントリースキー

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ワールドロペットの関連情報