コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヴァイツゼッカー‐ウィリアムズの方法 Weizsäcker-Williams method

法則の辞典の解説

ヴァイツゼッカー‐ウィリアムズの方法【Weizsäcker-Williams method】

二つの粒子の衝突の場合,それぞれの静止エネルギーよりも相対的運動エネルギーがはるかに大きくなっていると,制動放射(Bremsstrahlung)が放出されるが,このエネルギーを求める方法.一方の粒子を静止したものと仮定すると,他方の粒子は仮想的な光子の集合と等価であり,静止した粒子によってこれらの光子の集合が散乱(コンプトン散乱*)を受けるものとして計算される.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ヴァイツゼッカー‐ウィリアムズの方法の関連キーワードヴァイツゼッカー‐ウィリアムズの近似コンプトン散乱

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android