コンプトン散乱(読み)コンプトンさんらん(英語表記)Compton scattering

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンプトン散乱
コンプトンさんらん
Compton scattering

光が電子と衝突し,もとの振動数より小さな振動数をもって散乱する現象。 1923年 A.H.コンプトンが発見した。コンプトン散乱は光子と静止した自由電子との衝突とみなされ,エネルギーおよび運動量の保存則から振動数の減少が導かれた。これは量子論の検証の1つとなった。古典論では散乱光がもとの振動数と同じ振動数をもつトムソン散乱が起るとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンプトン‐さんらん【コンプトン散乱】

電子などの荷電粒子による高エネルギーの電磁波の散乱。粒子の静止質量に対して電磁波のエネルギーが無視できないほど大きい場合、電磁波のエネルギーの一部は粒子に受け渡され、元の波長より長くなるコンプトン効果が起こる。電磁波のエネルギーが小さい場合はトムソン散乱となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

コンプトン散乱【Compton scattering】

短波長のX線が原子量の比較的小さい原子に当たった場合,入射方向に対して θ なる一定の角度で,波長が2(h/mc) sin2(θ/2)だけ増したX線が放出される現象をいう.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のコンプトン散乱の言及

【コンプトン効果】より

…ここにm0は電子の静止質量で,h/m0c=2.426×10-12mは電子のコンプトン波長と呼ばれる。散乱によってX線の波長が延びる(コンプトン散乱と呼ばれる)(図1)のは,そのときX線が電子をはねとばしてエネルギーhνの一部を失うため振動数νが減るからである。その減少は正面衝突でφ=180゜となるとき最大だが,それでも波長の延びは2h/m0c≌5×10-12mにしかならないから,X線(λ≌10-8~10-13m)くらい波長の短い光でないと観測にかかりにくいわけである(図2)。…

※「コンプトン散乱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android