コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

静止エネルギー せいしエネルギーrest energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

静止エネルギー
せいしエネルギー
rest energy

相対論的力学で,速さゼロの物体がもつエネルギー。大きさは (静止質量) ×( 真空中の光速度 )2 で与えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

せいしエネルギー【静止エネルギー】

静止している物体のもつエネルギー。相対性理論によると、その大きさは物体の静止質量と光速度の2乗の積で与えられる。素粒子論では、普通、静止エネルギーによって素粒子の質量を表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の静止エネルギーの言及

【運動エネルギー】より

m0を静止質量とすると,だからEvcに比べて十分小さいとき近似的にm0c2+(1/2)m0v2となる。第1項は静止エネルギーと呼ばれる。第2項が古典力学の運動エネルギーである。…

【エネルギー】より

…ところが相対論によると質量m0の物体が速度vで動いているときには,というエネルギーをもつことになる(cは光速)。これはvcに比べ十分小さい時にはm0c2+1/2m0v2+……と近似できるので,ニュートン力学の運動エネルギー1/2m0v2に静止エネルギーE0m0c2が加わった形をとっている。このE0がたんにエネルギー表式中に現れる一定の付加定数にすぎないなら,これをエネルギーと呼ぶことにあまり実際上の意味はない。…

【質量】より

…(V/c)2≪1のときには, mc2m0c2+1/2m0V2となることが容易に示され,右辺の第2項は通常のニュートン力学の運動エネルギーなので,物体はV=0のときにも第1項のm0c2で表されるだけのエネルギーをもっていると考えねばならない。これを静止エネルギーといい,このときの質量を静止質量と呼ぶが,これはある意味で質量とエネルギーの同等性(換算率c2)を示すものといえる。温度が高いほど物体のもつエネルギーは大きくなるので,この考えだと,高温にした物体は低温のときより質量が増すはずであるが,その差は小さすぎてとうてい測定できない。…

※「静止エネルギー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

静止エネルギーの関連キーワードヴァイツゼッカー‐ウィリアムズの方法ワイゼッカー‐ウィリアムズの方法プランクエネルギーコンプトン効果運動エネルギー古典電子半径電子対消滅電子対生成相互作用素粒子論宇宙項

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android