ヴェッチ(読み)Vetch,Agnes

朝日日本歴史人物事典の解説

ヴェッチ

没年:1945(1945)
生年:1845
明治期に来日,わが国初期の看護教育に貢献したイギリス人看護婦。エジンバラ王立救貧院病院看護学校出身。同校はナイチンゲール方式による学校で,ヴェッチはその第1回生である。1874年に入学し10カ月間の訓練後,同病院の看護婦として勤務する。76年セント・メアリ病院のシスターとして勤務。79年エジンバラに戻ったが,81年病院を辞職し兄が宣教医をしている中国へ渡った。明治20(1887)年9月に来日し,同年10月帝大医科大学第一医院の看護教師となり,1年間看護婦の指導訓練に当たった。21年11月に離日。<参考文献>平尾真智子「エジンバラ王立救貧院病院とアグネス・ヴェッチ」(『日本医史学雑誌』36巻3号)

(平尾真智子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android