ヴォルフハルト パネンベルク(英語表記)Wolfhart Pannenberg

20世紀西洋人名事典の解説

ヴォルフハルト パネンベルク
Wolfhart Pannenberg


1928.10.2 -
ドイツ神学者
マインツ大学教授,ミュンヒェン大学教授。
シュテッティーン生まれ。
ベルリーン、バーゼル等の大学で学び、1953年博士号をハイデルベルク大で取得。’58年ブッパタール神学大学組織神学教授、’61年マインツ大学組織神学正教授を経て、’67年ミュンヒェン大学新設福音主義神学部の組織神学正教授就任。彼の神学傾向は歴史の流れとその全体の把握に重点があり、シュリンク等の影響を受け、独自の歴史学的認識から神認識へと移行する神学を打ちだした。著書「神学と神の国」(’69年)、「人間とは何か」(’62年,’76年)、「キリスト論要綱」(’64年)等。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android