一入再入(読み)イチジュウサイジュウ

デジタル大辞泉の解説

いちじゅう‐さいじゅう〔イチジフサイジフ〕【一入再入】

布を染料に何度もつけて染めること。また、染めた色の濃いこと。いちじゅさいじゅ。
「その恩の深きことを案ずれば、―の紅(くれなゐ)にも過ぎたらん」〈平家・二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじゅうさいじゅう【一入再入】

布を染液に何度も浸して染めること。染め色の濃いこと。 「其恩のふかき事を案ずれば、-の紅にも過ぎたらん/平家 2

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちじゅう‐さいじゅう イチジフサイジフ【一入再入】

〘名〙 染汁(そめしる)の中へ一度入れ、さらにもう一度入れること。染色の濃いこと。多く、「一入再入の紅(くれない)」の形で、恩愛の情の深いことをたとえていう。いつじゅうさいじゅう。
※平家(13C前)二「其恩のふかき事を案ずれば、一入再入の紅にも過ぎたらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android