一刀三礼(読み)いっとうさんらい

四字熟語を知る辞典「一刀三礼」の解説

一刀三礼

仏像を彫刻するとき、信仰の心をこめて、ひと刻みするたびに三度礼拝すること。転じて、仏像を彫刻する態度がけいけんであること。

[使用例] 「浮雲」を書いた時は真に血みどろの真剣勝負であった。「あいびき」や「めぐりあい」を訳した時は一刀三礼の心持ちで筆を執っていた[内田魯庵*二葉亭追録|1925]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「一刀三礼」の解説

いっとう‐さんらい イッタウ‥【一刀三礼】

〘名〙 仏像を彫刻するとき、信仰の心をこめて、一刻みするたびに三度礼拝すること。転じて、仏像を彫刻する態度が敬虔(けいけん)であること。一刀三拝。一刻三礼。いっとうさんれい。
※広隆寺来由記(室町末か)「瞻礼尊像、手親一刀三礼刻二尊像

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一刀三礼」の解説

いっとう‐さんらい〔イツタウ‐〕【一刀三礼】

仏像を彫刻するときに、一刻みするごとに三度礼拝すること。一刀三拝。一刻三礼。→一字三礼

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android