真剣勝負(読み)しんけんしょうぶ

四字熟語を知る辞典「真剣勝負」の解説

真剣勝負

本物を用いて勝負を決すること。また、本気で争ったり、事に対したりすること。

[使用例] 真面目とはね、君、真剣勝負の意味だよ[夏目漱石*虞美人草|1907]

[使用例] ぼくらは手に汗を握る思いで、この二人の両極端な知識人の真剣勝負にじっと目と耳を釘付けにしていた[中村真一郎*四季|1975]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「真剣勝負」の解説

真剣勝負

1971年公開の日本映画。監督:内田吐夢原作吉川英治脚本伊藤大輔、撮影:黒田徳三。出演:中村錦之三國連太郎、沖山秀子、松山秀明、田中浩、当銀長太郎、荒木保夫ほか。内田吐夢の遺作

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典「真剣勝負」の解説

しんけん‐しょうぶ【真剣勝負】

〘名〙 真剣①を用いて勝負を決すること。また、本気で争ったり、事に対したりすること。
※歌舞伎・男伊達初買曾我(1753)四「なんの用だとは、われゃ最前しさして置いた真剣勝負をうにゃにするか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「真剣勝負」の解説

しんけん‐しょうぶ【真剣勝負】

本物の剣を用いて勝負すること。
本気で勝ち負けを争うこと。また、本気で事に当たること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android