コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真剣勝負 シンケンショウブ

デジタル大辞泉の解説

しんけん‐しょうぶ【真剣勝負】

本物の剣を用いて勝負すること。
本気で勝ち負けを争うこと。また、本気で事に当たること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

真剣勝負

1971年公開の日本映画。監督:内田吐夢、原作:吉川英治、脚本:伊藤大輔、撮影:黒田徳三。出演:中村錦之助、三國連太郎、沖山秀子、松山秀明、田中浩、当銀長太郎、荒木保夫ほか。内田吐夢の遺作。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

しんけんしょうぶ【真剣勝負】

本物の剣を用いて行う勝負。
本気になって行う勝負。また、本気になって事に当たること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

真剣勝負の関連キーワード隠岐の古典相撲伊藤 大輔伊藤一刀斎武者修行無手勝流がちんこ奴隷制乾壽也護身術本物剣奴勝負柔道

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

真剣勝負の関連情報