コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一分地頭 イチブジトウ

デジタル大辞泉の解説

いちぶ‐じとう〔‐ヂトウ〕【一分地頭】

鎌倉時代、地頭職分割相続によって、その一部分を持つ地頭。半分地頭・三分二(さんぶに)地頭などともよばれた。子地頭。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちぶじとう【一分地頭】

鎌倉時代、荘園の分割相続により、二人以上の地頭が存在する場合の各地頭をいう。子地頭。 → 総地頭

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の一分地頭の言及

【地頭】より

…ただしかかる本補・新補の区別は時代が下るにつれ混乱し,鎌倉末期の《沙汰未練書》などには〈承久兵乱の時,没収の地をもって宛給所領等の事なり〉とあり,承久の乱後に設置された地頭をすべて新補地頭とする観念が一般化する。このほか,鎮西に顕著な惣地頭・小地頭の制や,地頭職の分轄相続にともなって一分地頭や惣領地頭の語も生じた。
[職権内容]
 これら地頭職の職権内容についてみると,得分の定められた新補地頭は別として,一般に地頭の職権とされるものには,(1)下地管理権,(2)徴税権,(3)警察および裁判権,などがあった。…

【惣地頭】より

…一般に惣領地頭は必ずしも長子とはかぎらず,譲状・安堵状などで〈器量の仁〉が選定されることもあった。地頭職を惣領した惣地頭は庶子の小地頭(一分地頭)を統轄し,軍役・番役・年貢催促を行った。幕府法では,御家人の諸役の勤仕(奉公)を全うさせるために,惣領制にもとづく惣地頭―小地頭の慣行を尊重した。…

※「一分地頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

一分地頭の関連キーワード三分二地頭鎌倉時代久利氏岩城氏総地頭上妻氏本郷氏

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android