コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総地頭/惣地頭 ソウジトウ

世界大百科事典内の総地頭/惣地頭の言及

【按司】より

…16世紀初期,尚真王のときに各地に割拠していた按司は王都首里に集居させられ,以後,社会的身分の最高位をあらわす位階としておもに王族から任命され,間切(まぎり)と称される行政区域の領有を保障された。近世になってもその性格は基本的に変わらなかったが,按司地頭とも称され総地頭とともに両総地頭の名で呼ばれる琉球王国の中枢的存在であった。その屋敷を俗に御殿(うどうん)という。…

※「総地頭/惣地頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

総地頭/惣地頭の関連キーワード日本におけるおもな時代区分按司(あんじ)陸奥国留守職銘苅墓跡群義村朝明幸地賢忠比企能員玉城朝薫国頭正弥鎌倉幕府若狭忠清総領地頭一分地頭若狭忠季日向国源頼家天皇制薩摩国法制史殷元良

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android