コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分割相続 ぶんかつそうぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分割相続
ぶんかつそうぞく

共同相続人の間で,相続分に応じて相続財産を分割して相続する相続形態共同相続でも不分割相続ということはありうる。しかし,相続財産を家産として分散させずに保存しておく必要が乏しくなり,また財産を凍結するという制限を加えることが所有の自由の原則からも好ましくないという理由で,近代法のもとで行われる共同相続にあっては,分割相続が原則とされ,分割相続が共同相続と同様に使われることすらある。日本法も,分割相続の原則を採用している。 (→遺産分割 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

分割相続【ぶんかつそうぞく】

共同相続において相続財産を共同相続人間にその相続分に応じて分割する形態。近代法は相続人の共同所有関係をさけ,分割相続主義を原則とし,日本の民法もこの主義をとる(民法906条以下)。→相続
→関連項目一期分

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぶんかつそうぞく【分割相続】

共同相続の場合に、遺産を相続分に応じて分割する相続形態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分割相続の関連情報