分割相続(読み)ぶんかつそうぞく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「分割相続」の解説

分割相続
ぶんかつそうぞく

共同相続人の間で,相続分に応じて相続財産を分割して相続する相続形態共同相続でも不分割相続ということはありうる。しかし,相続財産を家産として分散させずに保存しておく必要が乏しくなり,また財産を凍結するという制限を加えることが所有の自由の原則からも好ましくないという理由で,近代法のもとで行われる共同相続にあっては,分割相続が原則とされ,分割相続が共同相続と同様に使われることすらある。日本法も,分割相続の原則を採用している。 (→遺産分割 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「分割相続」の解説

分割相続【ぶんかつそうぞく】

共同相続において相続財産を共同相続人間にその相続分に応じて分割する形態。近代法は相続人の共同所有関係をさけ,分割相続主義を原則とし,日本の民法もこの主義をとる(民法906条以下)。→相続
→関連項目一期分

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「分割相続」の解説

分割相続
ぶんかつそうぞく

被相続人の財産を数人の相続者が分割して相続すること
単独相続に対していう。律令社会で行われた分割相続が鎌倉時代の武家社会でも行われたが,鎌倉末期から所領細分化を防ぐために惣領の単独相続へと移っていった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

精選版 日本国語大辞典「分割相続」の解説

ぶんかつ‐そうぞく ‥サウゾク【分割相続】

〙 共同相続で、各相続人がその相続分に応じ分割して相続すること。また、その形態。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android