コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分割相続 ぶんかつそうぞく

4件 の用語解説(分割相続の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分割相続
ぶんかつそうぞく

共同相続人の間で,相続分に応じて相続財産を分割して相続する相続形態。共同相続でも不分割相続ということはありうる。しかし,相続財産を家産として分散させずに保存しておく必要が乏しくなり,また財産を凍結するという制限を加えることが所有の自由の原則からも好ましくないという理由で,近代法のもとで行われる共同相続にあっては,分割相続が原則とされ,分割相続が共同相続と同様に使われることすらある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

分割相続【ぶんかつそうぞく】

共同相続において相続財産を共同相続人間にその相続分に応じて分割する形態。近代法は相続人の共同所有関係をさけ,分割相続主義を原則とし,日本の民法もこの主義をとる(民法906条以下)。
→関連項目一期分

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone