一勺・一杓(読み)いっしゃく

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① しゃくし、ひしゃくなどの一すくい。いっせき。
※空華集(1359‐68頃)二・謝九峰古天二兄恵茶「一勺清流煮冽泉。余甘分我意何専」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉六「頭に一杓(イッシャク)の冷水を浴せたのである」 〔晉書‐虞溥伝〕
② (容量の単位) ⇒しゃく(勺)
③ (地積の単位)⇒しゃく(勺)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android