コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一噌八郎右衛門 いっそう はちろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一噌八郎右衛門 いっそう-はちろうえもん

?-1703 江戸時代前期の能役者笛方。
一噌流2代中村噌庵(そうあん)の末子。3代をつぐ。京都から江戸にうつり,天海につかえる。藤堂侯,水戸侯ら諸侯の邸に出入りし,のち水戸侯の推挙で将軍徳川家綱のお抱えとなり,一噌を姓とした。元禄(げんろく)16年3月26日死去。享年は80歳余という。京都出身。号は宗光。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一噌八郎右衛門の関連キーワード一噌六郎左衛門

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android