享年(読み)キョウネン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ねん〔キヤウ‐〕【享年】

《天から享(う)けた年の意》人のこの世に生存していた年数。死んだときの年齢行年(ぎょうねん)。「享年八十」
[補説]「享年八十歳」は「年」と「歳」が重複するので「享年八十」でよいが、「享年四十歳」も古くからある。また、死んだときの年齢の意だけでなく、「我既に享年七十、いまだ天命を悟らず」のような使い方もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうねん【享年】

〔天から享けた年の意〕
人の生きていた年数。死んだときの年齢。行年ぎようねん。 「 - 六五」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ねん キャウ‥【享年】

〘名〙 (天から享(う)けた年の意) この世に生存した年数。寿齢。年齢。よわい。行年(ぎょうねん)
※碧山日録‐応仁二年(1468)一二月一六日「是日立春、余既享年四十九」 〔晉書‐安平献王孚伝論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

享年の関連情報