コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼貫 おにつら

7件 の用語解説(鬼貫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鬼貫
おにつら

「上島鬼貫 (うえじまおにつら)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おにつら【鬼貫】

上島鬼貫(うえじまおにつら)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鬼貫【おにつら】

江戸中期の俳人。姓は上島(かみじま。うえじまとも読む),名は宗邇(むねちか)。別号,【ら】々哩(ららり),槿花翁など。摂津伊丹の酒造家油屋一族の出。本姓は藤原,遠祖は藤原秀郷(俵藤太)と称する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おにつら【鬼貫】

1661‐1738(寛文1‐元文3)
江戸前期の俳人。姓は上島(本姓藤原,晩年は平泉),幼名竹松,長じて利左衛門宗邇(むねちか)。通称は与惣兵衛。囉々哩(ららり)・馬楽童・槿花翁などの別号がある。伊丹の酒造家油屋の上島宗春の三男。少年のころから俳諧を好み,維舟・宗旦・季吟・宗因らに批評を請い,会席に列して指導を受けた。初入集は1676年(延宝4)の維舟撰《武蔵野》。翌々年《当流籠抜(とうりゆうかごぬけ)》に伊丹派の五吟五百韻を発表し,古風俳人から〈狂乱体〉と難ぜられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おにつら【鬼貫】

上島うえじま鬼貫

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鬼貫
おにつら
(1661―1738)

江戸中期の俳人。万治(まんじ)4年4月4日、清酒「三文字(さんもんじ)」の醸造元「油屋(あぶらや)」の一族、上島宗春(うえじまむねはる)の三男として、摂州川辺郡伊丹(いたみ)郷(伊丹市)に生まれる。名は宗邇(むねちか)、通称与惣兵衛(よそべえ)。鬼貫の俳号は、和歌の貫之(つらゆき)に対する、俳諧(はいかい)の貫之をもって任じたもの。ほかに、点也(てんや)、自舂庵(じしょうあん)々哩(ららり)、犬居士(いぬこじ)、馬楽童(ばらくどう)、槿花翁(きんかおう)などと号した。法名即翁(そくおう)。13歳で貞門(ていもん)の重頼(しげより)の門に入っているが、16歳のころには、すでに宗因(そういん)風の俳諧に心を寄せている。鬼貫の才能を最初に高く評価したのも宗因である。1685年(貞享2)25歳で「まことの外(ほか)に俳諧なし」と開悟したという。その「まこと」の論が詳説されているのが、俳論書『独(ひとり)ごと』(1718刊)である。「まこと」の俳諧の作品としての完成は、90年(元禄3)鬼貫30歳のおりの『大悟物狂(たいごものぐるい)』である。ほかに俳諧紀行『犬居士』、句文集『仏兄七久留万(さとえななくるま)』などの著がある。禅を思想的背景としつつも、それを「常(つね)いふ所(ところ)の言葉」で表現するのが、鬼貫俳諧の特色といえる。元文(げんぶん)3年8月2日、78歳で没した。[復本一郎]
 によつぽりと秋の空なる不尽(ふじ)の山
『岡田利兵衛編『鬼貫全集 三訂版』全1巻(1978・角川書店) ▽桜井武次郎著『伊丹の俳人上嶋鬼貫』(1983・新典社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鬼貫の言及

【松波勘十郎】より

…79年(延宝7)幕府代官の美濃国小物成(こものなり)場の検地に協力し,85‐86年(貞享2‐3)下総国匝瑳(そうさ)郡と三河国賀茂郡の旗本領で検地を担当し,ついで元禄初年には上総国大多喜,下総国高岡の2小藩の財政立直しを請け負ったという。93年(元禄6)からは大和国郡山藩の財政改革を,俳人鬼貫(おにつら)こと上島与惣兵衛と競争して勝利し,4割から8割に至るまでの租率大幅引上げを実現している。その3,4年後には旗本松下彦兵衛家の家政立直しを成功させ,実現はしなかったが摂津国高槻藩も彼を採用しかけた。…

※「鬼貫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鬼貫の関連キーワード浅見左逸岩田凉菟阿形但秀尼坂好道半井和年宮崎重政智月尼皐月平砂(2代)鈴木清風等躬

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鬼貫の関連情報