コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一噌六郎左衛門 いっそう ろくろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一噌六郎左衛門 いっそう-ろくろうざえもん

1642-1719 江戸時代前期-中期の能役者笛方。
寛永19年生まれ。一噌流3代一噌八郎右衛門の兄中村新五郎の子。八郎右衛門の養子となり,4代をつぐ。享保(きょうほう)4年9月27日死去。78歳。別名に政房。後名は中村七郎左衛門。号は一遊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

一噌六郎左衛門の関連キーワードウィーン磁器漂流町奉行チェコの要覧恩田佐吉土屋又三郎コルネイユサン=マールシャンメレ蔵巴汗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android