コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蔵巴汗 ぞうはかんCang-ba-han; Ts`ang-pa-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蔵巴汗
ぞうはかん
Cang-ba-han; Ts`ang-pa-han

[生]1606
[没]1642
主家リンプンパに代わって 17世紀前半にチベットを支配したシンシャクパ Zhing shag paの最後の王。蔵巴汗はツァン地方を根拠地としたチベット王をさす中国側の呼称。名はカルマ・テンキョン・ワンポ Karma bsTan skyong dbang po。法律を整え,仏教を保護したが,カルマ派 (→カーギュ派 ) を中心とした非改革派と手を結び,ターラナータらを重用したため,ゲルク派 (→ツォンカパ ) とそれを支持するウ地方の勢力と対立。後者と連携した顧実汗に 1642年に殺され,ダライ・ラマ政権が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蔵巴汗の関連キーワードチョナン派チベット史

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android