一国平均(読み)いっこくへいきん

精選版 日本国語大辞典「一国平均」の解説

いっこく‐へいきん【一国平均】

〘名〙 中世、一国の規模でことを行なうこと。また、一国ぐらいの規模で干害のような自然現象や、合戦、法令施行などの政治的事件が起こること。⇔天下一同
東寺執行日記‐嘉吉元年(1441)九月五日「九月十二日一国平均の為札立之」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android