一塁(読み)イチルイ

大辞林 第三版の解説

いちるい【一塁】

野球で、走者が得点するために触れなければならない四つの地点のうち、一番目のもの。ファーストベース。ファースト。
「一塁手」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐るい【一塁】

〘名〙
① 一つのとりで。
※盲目物語(1932)〈谷崎潤一郎〉「あしたに一塁をぬきゆふべに一城をほふられるおはたらきをなされながら」
② (first base の訳語) 野球で、走者が最初に踏む塁。また、そこを守る人。ファースト。ファーストベース
※東京日日新聞‐明治三九年(1906)四月一六日「ボールは正に三塁を掠めるデレクトになって遠く左翼に逸し、押川は手易く一塁を陥れた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一塁の関連情報