一夜鮨(読み)イチヤズシ

デジタル大辞泉の解説

いちや‐ずし【一夜×鮨】

軽く塩をした小魚または魚の小片と塩飯とを交互に重ね、一晩押しをして味をなじませた。酢飯と酢締めの魚とを用いるものもある。早鮨 夏》「蓼の葉も紅葉しにけり―/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちやずし【一夜鮨】

れ鮨の一種。鮎あゆの腹に飯を詰め苞つとに入れて火にあぶり、おもしを強くかけて、一晩の間自然発酵させた鮨。はやずし。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちや‐ずし【一夜鮨】

〘名〙 作りはじめてから一日くらいで食べるすし。はやずし。なまなり。《季・夏》〔料理物語(1643)〕

ひとよ‐ずし【一夜鮨】

〘名〙 つくり始めてから一日くらいで食べる鮨。早鮨(はやずし)。いちやずし。〔四時交加(1799)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android