一字名(読み)いちじな

精選版 日本国語大辞典の解説

いちじ‐な【一字名】

〘名〙
① 姓名の名が一字のもの。たとえば源信(まこと)、渡辺競(きほふ)の類。一字名乗り。
※雑俳・住吉おどり(1696)「いかいこと・一字名をつくさがげんじ」
② 和歌、連歌の懐紙・短冊などに、実名の代わりに用いる一字の名。雅号の一種で、桐(室町時代の代々の将軍)、松(伏見宮貞成親王・豊臣秀吉)、竹(誠仁親王・伏見宮貞常親王)のように時代によって作者の違う場合がある。いちじめい。
③ 正式の名の中の一字を取り、他を省略して呼ぶこと。のちに遊里などで、客をその名の上の一字で呼ぶこと。また、その名。
※応永本論語抄(1420)泰伯「渭叟と云は、渭水に釣する時の称也。一字名に仕ふ時は、姜とも望とも呂ともする也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android