コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺競 わたなべの きおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺競 わたなべの-きおう

?-1180 平安時代後期の武士。
嵯峨(さが)源氏。摂津渡辺党。「平家物語」によれば,治承(じしょう)4年4月以仁(もちひと)王・源頼政(よりまさ)が平家打倒のため挙兵(治承の乱)した際,平宗盛の名馬をだましとり,以仁王らがこもる三井寺にかけつけた。戦いに敗れ,治承4年5月26日宇治平等院付近で自害。通称は源三,源七。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

渡辺競の関連キーワード源平の合戦以仁王鎌倉幕府フィリップ[2世]大庭景親工藤茂光佐奈田義忠堤信遠波多野義常三浦義明

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android