コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺競 わたなべの きおう

1件 の用語解説(渡辺競の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺競 わたなべの-きおう

?-1180 平安時代後期の武士。
嵯峨(さが)源氏。摂津渡辺党。「平家物語」によれば,治承(じしょう)4年4月以仁(もちひと)王・源頼政(よりまさ)が平家打倒のため挙兵(治承の乱)した際,平宗盛の名馬をだましとり,以仁王らがこもる三井寺にかけつけた。戦いに敗れ,治承4年5月26日宇治平等院付近で自害。通称は源三,源七。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

渡辺競の関連キーワード井早太内田家吉永実春日局(2)首藤家季橘遠茂日胤文三家安源兼綱源仲宗