コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一官 いっかん

1件 の用語解説(一官の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一官 いっかん

?-? 朝鮮王朝の陶工。
琉球(りゅうきゅう)陶業の創始者のひとり。文禄(ぶんろく)・慶長の役のとき薩摩(さつま)(鹿児島県)につれてこられる。元和(げんな)2年(1616)同僚の一六(仲地麗伸(れいしん)),三官とともに琉球に派遣され製陶をつたえた。のち三官とともに薩摩にもどり,陶業に従事した。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の一官の言及

【鄭芝竜】より

鄭成功はその子。日本では甲螺(かしら),一官(いつかん)などと呼ばれ,密貿易に従って巨富を蓄え,明廷から招かれて都督にまで進んだ。明朝滅亡後は福王,唐王に従ったが,1646年(順治3)には清軍に内通した。…

※「一官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一官の関連情報