コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三官 さんかん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

三官 さんかん

?-? 朝鮮王朝の陶工。
文禄(ぶんろく)・慶長の役の際に薩摩(さつま)(鹿児島県)につれてこられる。1616年(元和(げんな)2)一六,一官とともに琉球国王にまねかれ,製陶をつたえた。一六は同地にとどまるが,三官と一官は薩摩にもどった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

三官の関連キーワード道教/道法と道教儀礼伊達(市)(北海道)おもなお雇い外国人厚岸道立自然公園道教/道教の神々漢の時代(年表)エドウィン ダン靖国神社参拝問題厚岸町郷土館多官能性縮合厚岸(町)厚岸[町]伊達[市]名数小辞典様似[町]善光寺跡五斗米道日本陸軍国泰寺跡鳥山巽甫

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三官の関連情報