コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲地麗伸 なかち れいしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仲地麗伸 なかち-れいしん

?-1638 朝鮮王朝の陶工。
文禄(ぶんろく)・慶長の役で薩摩(さつま)(鹿児島県)につれてこられた陶工のひとり。一六と称した。元和(げんな)2年琉球国王の要請により,一官,三官とともに琉球に派遣され陶法をつたえた。寛永15年7月12日琉球で死去。唐名は張献功

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仲地麗伸の関連キーワード朝鮮王朝文禄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android