コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一宮左大夫 いちのみや さだゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一宮左大夫 いちのみや-さだゆう

?-1600 織豊時代の剣術家。
無楽流の長野無楽斎に居合(いあい)術をまなび,一宮流をおこす。武田氏家臣土屋惣蔵(そうぞう)につかえ,天正(てんしょう)8年(1580)上野(こうずけ)(群馬県)膳(ぜん)城攻略に軍功をたてる。武田氏滅亡後は鳥居元忠につかえ,関ケ原の戦いのとき伏見城守備中に西軍に攻められ,慶長5年8月1日戦死した。名は照信。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

一宮左大夫の関連キーワード佐渡国0 SIMル・ナン[兄弟]石田正澄大谷吉継小野寺義道小西行長鳥居元忠細川ガラシア島左近