一年の計は元日にあり(読み)いちねんのけいはがんじつにあり

  • =事(こと)
  • =元旦(がんたん)・正月(しょうがつ)
  • いちねん
  • にあり
  • の=計(けい・はかりごと)
  • は=元日(がんじつ)
  • 一年

精選版 日本国語大辞典の解説

(一年の計画は、年の始めの元日に立てるべきである意から) 物事は最初がたいせつで、まず計画を立ててから事に当たるべきである。一日の計は朝にあり。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

一年の計画や目標は、元旦に立てるのがよい、ということ。

[使用例] 一年の計は元日にあり、とう事ですから今年は一つ元日から勉強してやりましょう[上村松園*座右第一品|1931]

[由来] 中国で古くから言われていることわざから。たとえば、一六~一七世紀に作られた「げつりょうこう」という書物には、「一日の計はあしたに在り、一年の計は春に在り(一日の計画は朝に立て、一年の計画は新春に立てる)」とあります。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android