元日(読み)がんじつ

百科事典マイペディアの解説

元日【がんじつ】

1月1日。国民の祝日の一つで年の初めを祝う。元日の朝を特に元旦という。宮中ではこの日四方拝が行われ,民間では若水くみ,初詣(はつもうで)などの正月行事を行う。元日を中心にした正月を大正月または大年(おおとし),1月15日を中心にした正月を小正月,小年と呼んだのは,暦の普及以前は元日を年の境とするより満月の15日を境とすることが多かったため。
→関連項目国民の祝日屠蘇

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本文化いろは事典の解説

元日

古来より1年の最初の日である1月1日「元日」は、全てのものに命を与えてくれる"歳神〔としがみ〕様"をおまつりするための特別な行事が行われていました。1948年に「年のはじめを祝う日」として法律で国民の祝日と制定されました。

出典 シナジーマーティング(株)日本文化いろは事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がんじつ【元日】

一年の最初の日。一月一日。国民の祝日で、年のはじめを祝う。 [季] 新年。

がんにち【元日】

〔呉音〕
がんじつ。正月一日。 「 -、なほおなじとまりなり/土左」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

元日
がんじつ

1月1日のこと。正月三が日を元三(がんさんにち)とよぶが、その初日をさす。元日の朝のことを、とくに元旦(がんたん)、歳朝(さいちょう)、大旦(おおあした)などとよぶ。年の始まりの縁起を担いで特別なよび方をする。元正(げんしょう)天皇の霊亀(れいき)2年(716)以来、宮中では文武百官を招き元日節会(がんにちのせちえ)が行われたが、1872年(明治5)より晴御膳(はれごぜん)の儀だけを残し、招待宴を「新年宴会」の名のもとに1月5日に変えた。一般人にとっても歳神(としがみ)が来臨するのが正月だから、家々には元日をいろいろ儀礼化して演出する習俗がある。現在でも初詣(はつもう)でをしたり、晴れ着で屠蘇(とそ)や雑煮で祝うが、昔は元日のかまどの火のたきつけが、だいじな行事であった。ただし忌中の者は元日を祝わない。[深作光貞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐じつ グヮン‥【元日】

〘名〙 (「がん」は呉音、「じつ」は漢音)
① 一年の最初の日。一月一日。がんにち。元旦。元三(がんざん)。三元。三始。三つの始め。鶏日。《季・新年》
※雲形本狂言・麻生(室町末‐近世初)「但又明日は元日(グヮンジツ)なれば」
※俳諧・春の日(1686)「元日の木の間の競馬足ゆるし〈重五〉」 〔書経‐舜典〕
② (中国の周の時代に一一月を正月としたところから) 一一月一日。江戸時代、芝居の顔見世の初日にあたる。
※歌舞伎・名歌徳三舛玉垣(1801)三立「とっても朔日(ついたち)今日元日」

がん‐にち グヮン‥【元日】

〘名〙 (「がん」は「元」の、「にち」は「日」のともに呉音) =がんじつ(元日)
土左(935頃)承平五年一月元日「元日、なほ同じ泊(とま)りなり」
※高野本平家(13C前)四「元日(グンニチ)元三の間、参入する人もなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の元日の言及

【正月】より

…新年を迎えることを,年取り,年越しともいう。大晦日から元日にかけての行事に主体があるが,ほぼ1月いっぱい続く。行事の流れは,1日を中心にする大正月と,15日を中心にする小正月とに大別できるが,このほか7日の七日正月,20日の二十日正月を重視する場合もある。…

※「元日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元日の関連情報