コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一括審議 いっかつしんぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一括審議
いっかつしんぎ

特定の政策に関連する複数の議案をあたかも一つの案件のように一括して行なわれる委員会審査。一括審議された議案は一般に一括採決される。 1987年の消費税関連6法案や 94年の政治改革関連4法案のように法律間の関連性が強く,不可分の関係にあるときにこのような審査方法が取られる。また,内閣提出法案と同時に野党の対抗議案が同時に審査される場合もある。ただこのような審査方法は,個々の法案に対する野党の抵抗を封じ込める意味もあり,法案審議の空洞化につながるという批判もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一括審議の関連情報