一斤染(読み)いっこんぞめ

色名がわかる辞典の解説

いっこんぞめ【一斤染】

色名の一つ。「いっきんぞめ」とも読む。薄い桃色紅花1斤きん1疋ぴきを染めたときの淡い色をさす。一斤は尺貫法の単位で約600g。1疋は絹布2反たんで、1反は大人一人分の布地の量。桜色に近い色から、だいだいに近い色まで幅がある。平安時代からある伝統色名で、高価な紅染が禁色きんじきだった時代でも淡い一斤染は許された。現代でも和服や和菓子などに用いられる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いっこん‐ぞめ【一斤染(め)】

平安時代の染め物の一。紅花(べにばな)1斤で絹1匹を染めること。また、その染めた絹や色。いっきんぞめ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いっこん‐ぞめ【一斤染】

〘名〙 紅花(べにばな)一斤で絹一疋を染めることという。紅染めの淡いものと考えられる。また、染められたその絹。いっきんぞめ。
※助無智秘抄(1166頃か)「検非違使(けびゐし)は、あをばかまに一こんぞめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android