コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一時所得と雑所得

1件 の用語解説(一時所得と雑所得の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

一時所得と雑所得

「臨時に得た所得」から直接かかった費用を経費として差し引き、特別控除額(50万円)を一律に除いた額が一時所得給与所得がある会社員の場合は40万円を超えると確定申告が必要になり半額に課税される。雑所得は給与所得や事業所得など、どの所得区分にも当てはまらない所得で、年間収入から全損失を経費として差し引ける。

(2014-05-10 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一時所得と雑所得の関連キーワード製造原価所得税費用価格販売費及び一般管理費(販管費)失脚法人所得発送費株式譲渡所得海外投資で得た所得の申告医療費の窓口負担

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone