コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一時所得 イチジショトク

4件 の用語解説(一時所得の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いちじ‐しょとく【一時所得】

懸賞の賞金、馬券・車券の払い戻し金などのように、一時的に生じる所得。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

一時所得

生命保険の満期金などの「臨時に得た所得」で、競馬の払戻金やパチンコでの収入も含まれる。直接かかった費用を経費として差し引き、特別控除額(50万円)を除いた額を指す。会社員の場合は40万円を超えると確定申告が必要になり、半額が課税される。売り上げの多くが公共事業スポーツ振興に充てられる宝くじサッカーくじは課税対象から外れている。

(2013-05-23 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

一時所得

一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外のもので、労務や役務の対価でもなく、さらに資産の譲渡による対価でもない一時的な性質の所得をいいます。この所得には、以下のようなものがあります。1.懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金2.生命保険金の一時金や損害保険満期返戻金3.法人から贈与された金品4.遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちじしょとく【一時所得】

所得税法上の所得分類の一。利子所得や譲渡所得以外の所得のうち、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得で、労務その他の役務または資産の譲渡の対価としての性質を持たない所得。懸賞金、馬券・車券の払戻金など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一時所得の関連キーワード営利法人公益法人社団法人物権行為営利会社営利行為非営利法人非営利団体営利を目的としない上演等生命保険の一時金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一時所得の関連情報