雑所得(読み)ざつしょとく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「雑所得」の解説

雑所得
ざつしょとく

所得税法に規定する所得種類の一つ。利子所得配当所得事業所得給与所得不動産所得退職所得山林所得譲渡所得および一時所得のいずれにも該当しない所得が雑所得とされている (所得税法 35) 。したがって,雑所得は相対的な概念であって,何が雑所得であるかは他の所得概念との関連において理解することとなる。公的年金,一般サラリーマンの原稿料や講演料などがそのである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

会計用語キーワード辞典「雑所得」の解説

雑所得

年金恩給などの公的年金等、非営業用貸金の利子著述家や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料など、他の9種類のいずれにも該当しない所得のことです。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

デジタル大辞泉「雑所得」の解説

ざつ‐しょとく【雑所得】

所得税法で定められた各種の所得のいずれにも該当しない所得。恩給、国民・厚生年金などの公的年金、著述家・作家以外のが受ける原稿料や印税など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「雑所得」の解説

ざつ‐しょとく【雑所得】

〘名〙 事業所得、給与所得、利子・配当所得、譲渡所得のいずれにも該当しない所得。恩給、公的年金、著述家以外の者が受ける原稿料・印税など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android