一時扶助料(読み)いちじふじょりょう

精選版 日本国語大辞典「一時扶助料」の解説

いちじ‐ふじょりょう ‥フジョレウ【一時扶助料】

〘名〙 公務員が普通恩給を受ける年限に達しないで在職中死亡した場合などに、遺族に支給される一時金。
※恩給法(1923)二条「一時恩給及一時扶助料は一時金とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一時扶助料」の解説

いちじ‐ふじょりょう〔‐フジヨレウ〕【一時扶助料】

公務員恩給を受ける要件を満たさないうち死亡した場合に、遺族に支給される一時金。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android