コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条忠良 いちじょう ただより

美術人名辞典の解説

一条忠良

江戸中・後期の公卿。輝男の子。法号は大勝寺。寛政4年(1792)内大臣、同8年右大臣、文化11年(1814)右大臣、関白、文政6年(1823)辞関白、11年准三后となる。和歌にすぐれた。天保8年(1837)歿、64才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条忠良 いちじょう-ただよし

1774-1837 江戸時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
安永3年3月22日生まれ。一条輝良(てるよし)の子。天明3年従三位。左大臣にすすみ,文化11年光格天皇の関白,ついで14年仁孝(にんこう)天皇の関白となる。従一位。文政11年准三宮(じゅさんぐう)。和歌にすぐれた。天保(てんぽう)8年6月3日死去。64歳。法号は大勝寺。日記に「忠良公記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone