コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一条輝良 いちじょう てるよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一条輝良 いちじょう-てるよし

1756-1795 江戸時代中期の公卿(くぎょう)。
宝暦6年9月17日生まれ。一条道香(みちか)の子。宝暦12年従三位。左大臣にすすみ,寛政3年光格天皇の関白となる。従一位。天皇の実父典仁(すけひと)親王への太上天皇号宣下の承認を幕府にもとめたが拒否された(尊号一件)。寛政7年10月14日死去。40歳。法号は後得成寺。日記に「輝良公記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

一条輝良 (いちじょうてるよし)

生年月日:1756年9月17日
江戸時代中期の公家
1795年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

一条輝良の関連キーワード一条忠良三条実万生年月日

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android