コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一柳直末 ひとつやなぎ なおすえ

2件 の用語解説(一柳直末の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一柳直末 ひとつやなぎ-なおすえ

1553-1590 織豊時代の武将。
天文22年生まれ。豊臣秀吉につかえる。兵糧奉行,普請奉行をつとめ,天正(てんしょう)17年美濃(みの)(岐阜県)軽海西城主となる。18年小田原攻めの際,伊豆(いず)山中城(静岡県)を攻撃中に流れ弾にあたり,3月29日戦死した。38歳。美濃出身。通称は市介。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

一柳直末

没年:天正18.3.29(1590.5.3)
生年:天文22(1553)
安土桃山時代の武将。美濃(岐阜県)土岐氏の臣一柳直高の長男。通称市介,伊豆守。初名は末安。元亀1(1570)年豊臣秀吉に仕え,知行25貫文。秀吉の播磨国平定に戦功をあげ黄幌衆に列す。兵糧奉行,普請奉行を務め,また天正11年の賤ケ岳の戦,同12年の小牧・長久手の戦,同13年の紀州雑賀攻め,四国征討に参加。同年9月美濃大垣城主2万5000石となり,従五位下,伊豆守に叙任。次いで美濃軽海城主5万石に転じたが,同18年の小田原攻めで伊豆山中城攻撃中に被弾して討死。直末戦死の報に接した秀吉は,愁嘆すること連日におよんだという。<参考文献>『一柳家記録』

(二木謙一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

一柳直末の関連キーワードEdward the Confessor川中島の戦狩野永徳一柳直末堀秀政忍城堀秀政安藤定正江戸北条氏照

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone