普請奉行(読み)ふしんぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

普請奉行
ふしんぶぎょう

室町,江戸幕府職名室町幕府では御所城壁堤防などの修築と庭中掃除の役を兼ねていたので,庭奉行ともいわれた。江戸時代になると,石垣,堀などの普請,地形縄取などの土木建築の基礎工事,上水管理などを管掌するようになり,寛永9 (1632) 年に創設され,承応2 (53) 年から定職となり,老中の支配下にあった。文久2 (1862) 年廃止され,作事奉行によって代行された。 (→道奉行 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふしんぶぎょう【普請奉行】

武家の職名。土木・建築工事において基礎工事を管掌し,建物の築造作事奉行の担当である。元来臨時の役であったが,江戸幕府では1652年(承応1)以来2人ずつ常置江戸城の石垣・堀普請や江戸中の明屋敷(あきやしき)・拝領屋敷の請取り・請渡しをつかさどり,1768年(明和5)以降上水方(じようすいかた)・道方御用も勤めた。1862年(文久2)廃止。老中支配。1723年(享保8)制定の役高は2000石高,従五位下に叙せられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふしんぶぎょう【普請奉行】

室町・江戸時代、幕府・諸大名により設けられた職名の一。邸第の新築・修理や土木工事を担当する。江戸幕府においては、江戸城内外の諸施設の整備・管理を主務とする老中直属の常設の職制となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

普請奉行
ふしんぶぎょう

室町幕府など古くから武家方にみえる職名。江戸幕府では作事(さくじ)、小普請(こぶしん)両奉行とあわせて下(した)三奉行という。当初は臨時役であったが、1652年(承応1)から定役となる。定数2人(老中支配、芙蓉間(ふようのま)、諸大夫(しょだいふ)、2000石高)、属僚に普請方下奉行、普請方改役(あらためやく)、普請方、普請方同心、普請方定小屋門番人があり、城の石垣、堀普請、地形(じぎょう)、縄張(なわばり)、屋敷割などに加え、1768年(明和5)以降は上水(じょうすい)方、道(みち)方を職掌とした。1862年(文久2)廃止され、奉行は勤仕並(きんじなみ)となった。[北原章男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふしん‐ぶぎょう ‥ブギャウ【普請奉行】

〘名〙 室町・江戸幕府の職名の一つ。御所、城壁・堤防などの修理造築などをつかさどる。承応元年(一六五二)定職となり、作事奉行・小普請奉行とともに下三奉行と呼ばれ、老中の支配を受けて、上下水道等の土木工事のほか、武家屋敷請取りなどの事もつかさどった。役高二千石、芙蓉の間詰で、また、配下に普請下奉行、普請方などがいた。文久二年(一八六二)廃止され、作事奉行に移管された。
※親元日記‐寛正六年(1465)五月二日「秋庭仙洞為御普請奉行罷出、仍河井に申置云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の普請奉行の言及

【普請】より

…曝書,除煤,摘茶,掃除や堂塔の造営など幅広い労役に用いられたが,そこから転じて,室町時代には一般に土木工事のことをいうようになる。 鎌倉幕府の職名には作事奉行の名が見えるのみで,これが建築,土木の両工事を管掌したとみられるが,室町幕府では,建築工事は作事奉行が,土木工事は普請奉行が管掌するように分化している。室町幕府の普請奉行は,とくに将軍,天皇の御所の造営,築地,庭の修築工事や庭中掃除を重要な仕事としたが,戦国大名の下では領民に普請役を課して,堤防,せき,用水路,橋,道路の修築を大規模に行うようになる。…

※「普請奉行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android