コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一柳米来留(読み)ひとつやなぎ めれる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一柳米来留 ひとつやなぎ-めれる

1880-1964 明治-昭和時代の社会事業家,建築家。
1880年10月28日アメリカのカンザス州生まれ。明治38年来日,滋賀県立商業の英語教師となる。41年建築事務所をひらく。44年近江基督(キリスト)教伝道団(のちの近江兄弟社)を創立。近江療養院を開設し,メンソレータムを製造・販売した。昭和16年帰化。神戸女学院などを建築。昭和39年5月7日死去。83歳。コロラド大卒。旧名はウィリアム=メレル=ボーリーズ(William Merrell Vories)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の一柳米来留の言及

【近江ミッション】より

…キリスト教伝道団体。創立者はカンザス州生れのアメリカ人で,1905年国際YMCAの斡旋で近江八幡に来たボーリーズWilliam Merrell Vories(帰化して一柳米来留(ひとつやなぎめれる)と改名)。彼は八幡YMCAを設立し,建築設計業をしながら伝道し,11年教派と無関係の近江ミッションを組織。…

※「一柳米来留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android