一柳頼寿(読み)ひとつやなぎ よりかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

一柳頼寿 ひとつやなぎ-よりかず

1733-1785* 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)18年5月26日生まれ。一柳頼邦(よりくに)の3男。延享元年(1744)伊予(いよ)(愛媛県)小松藩主一柳家5代となる。駿府加番をつとめる。竹花正脩(せいしゅう)を登用し,世子頼欽(よりよし)の侍講とした。天明4年12月13/16日死去。52歳。初名は頼長,頼澄。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

一柳頼寿 (ひとつやなぎよりかず)

生年月日:1733年5月26日
江戸時代中期の大名
1784年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android