コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹花正脩 たけはな せいしゅう

1件 の用語解説(竹花正脩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹花正脩 たけはな-せいしゅう

1745*-1805 江戸時代中期-後期の武士。
延享元年12月5日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)小松藩士。京都で山田静斎にまなび,世子一柳頼欽(ひとつやなぎ-よりよし)の侍読となる。近習頭,側用人,奉行を歴任。享和2年藩校培達校(翌年養正館と改称)を設立し,近藤篤山をまねいた。文化2年5月12日死去。62歳。字(あざな)は見遠。通称は富次,左膳,厚次,堅蔵。号は藍谷,淡斎。姓は竹鼻ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

竹花正脩の関連キーワード片山北海ビターリ(父子)松坂屋[株]ネルソン序曲ムハンマド・アリーネルソンネルソン隠れキリシタン史跡

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone