一次エネルギー(読み)イチジエネルギー

大辞林 第三版の解説

人間が利用するエネルギーのうち、変換加工する以前の、自然界に存在するもの。薪・木炭、石炭・石油・天然ガス、太陽放射・地熱・風力・水力、原子力など。食料は含めない。 原子力を利用するためには石油が必要なので、原子力を一次エネルギーとみなすことには異論もある二次エネルギー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (エネルギーはEnergie) 石油、石炭、天然ガス、原子力、水力、太陽エネルギー、地熱など、天然に存在し、人類が利用しうるエネルギー。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一次エネルギーの関連情報