コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一次キャッシュ イチジキャッシュ

デジタル大辞泉の解説

いちじ‐キャッシュ【一次キャッシュ】

first level cache》コンピューターの処理速度の高速化を図るため、CPU内部に設けられたキャッシュメモリー。高速で容量が小さく、使用頻度の高いデータを一時的に保存する。CPUが必要とするデータが一次キャッシュにない場合、より低速で容量が大きい二次キャッシュ三次キャッシュ主記憶装置の順にデータを読み取りに行く。L1キャッシュ。レベルワンキャッシュ。プライマリーキャッシュ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

一次キャッシュの関連キーワードレベル1キャッシュ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android