一次キャッシュ(読み)イチジキャッシュ

デジタル大辞泉の解説

first level cache》コンピューターの処理速度の高速化を図るため、CPU内部に設けられたキャッシュメモリー。高速で容量が小さく、使用頻度の高いデータを一時的に保存する。CPUが必要とするデータが一次キャッシュにない場合、より低速で容量が大きい二次キャッシュ三次キャッシュ主記憶装置にデータを読み取りに行く。L1キャッシュ。レベルワンキャッシュ。プライマリーキャッシュ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android