一次分数変換(読み)いちじぶんすうへんかん(英語表記)linear fractional transformation

世界大百科事典 第2版の解説

いちじぶんすうへんかん【一次分数変換 linear fractional transformation】

メービウス変換Möbius transformationともいう。定数a,b,c,dが複素数で,adbc≠0であるとき関数を一次分数関数といい,これより定まる写像を一次分数変換という。これはc≠0のとき-d/c以外の複素平面C上で定義され,c=0のときは複素平面C上で定義される。abcdが一定であれば同じ関数を表すから,adbc=1と仮定しても一般性を失わない。c≠0のときはこの一次分数関数はC-(-d/c)からC-(a/c)への1対1上への写像を与え,逆写像はで与えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android