一次的データ

流通用語辞典の解説

一次的データ

市場調査のデータを収集の目的によって分類すると、一次的データと二次的データまたは既存データがある。一次的データとは、ある特定の企業がそのマーケティング問題を解決するために、自社で実際に調査をして収集したものである。企業があるマーケティング問題を解決するにあたって、まず経営の内外にある既存データを収集し、分析していくが、これらのデータでは、問題解決に十分に役立たない場合に、自社で企画し、調整を行ってデータを収集する。これが一次的データである。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティング流通用語辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android