一点大螟蛾(読み)イッテンオオメイガ

デジタル大辞泉の解説

いってん‐おおめいが〔‐おほメイガ〕【一点大××蛾】

メイガ科のガ。翅(はね)の開張約2.5センチ。雄の翅は淡褐色黒点やすじがあり、雌では淡黄白色で黒点が1個ずつある。幼虫は稲の茎に食い入る害虫。晩春から初秋にかけ3回発生するので三化螟蛾(さんかめいが)ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一点大螟蛾 (イッテンオオメイガ)

学名:Scirpophaga incertulas
動物。メイガ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android