一点大螟蛾(読み)イッテンオオメイガ

デジタル大辞泉の解説

いってん‐おおめいが〔‐おほメイガ〕【一点大××蛾】

メイガ科のガ。翅(はね)の開張約2.5センチ。雄の翅は淡褐色黒点やすじがあり、雌では淡黄白色で黒点が1個ずつある。幼虫は稲の茎に食い入る害虫。晩春から初秋にかけ3回発生するので三化螟蛾(さんかめいが)ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

一点大螟蛾 (イッテンオオメイガ)

学名:Scirpophaga incertulas
動物。メイガ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いってん‐おおめいが ‥おほメイガ【一点大螟蛾】

〘名〙 メイガ科のガ。はねの開張二五ミリメートル内外。後ばねと腹部が白く、前ばねは雌が黄色く、雄では灰褐色で中央に小黒点がある。幼虫はイネの茎に食い入る害虫。晩春から初秋にかけて三回成虫が発生するので三化螟蛾の名がある。本州南部、四国、九州、沖縄に分布。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android