一片の氷心(読み)いっぺんのひょうしん

故事成語を知る辞典の解説

俗っぽい欲望にけがされていない、清らかな心のたとえ。

[使用例] いったん有事の際に、実際にふうの役に立ち得るのはおれなのだ。〈略〉ほこらかに我が胸中一片の氷心をたのむのである[中島敦*弟子|1943]

[由来] 唐王朝の時代、七~八世紀の詩人おうしょうれいが、こうねい(現在の南京市)で役人をしていたとき、当時の大都会、洛陽へと旅立つ友人に送った詩の一句から。「仲間に会って私の心境を尋ねられたら、『一片の氷心、ぎょっに在り(宝石でできた壺の中に、氷がひとかけら入っているような、澄み切った心境だよ)』と答えてくれ」とうたっています。

異形玉壺の氷

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android