異形(読み)いぎょう

精選版 日本国語大辞典「異形」の解説

い‐ぎょう ‥ギャウ【異形】

〘名〙 (動) 普通とは違った形やそのさま。あやしい姿、ようす。また、ばけもの・妖怪の類。いけい。
※霊異記(810‐824)下「妙見菩薩、変化して異形を示し」
※幇間(1911)〈谷崎潤一郎〉「忽ち舳へ異形(イギャウ)なろくろ首の変装人物が現はれ」 〔晉書‐阮瞻伝〕
[語誌]「霊異記」では、挙例のものや「異形を播(ほどこ)す」(下)のように、単に異なる姿形や不思議な現象そのものを意味しているが、平安末期の「今昔物語集」では天人や鬼共を形容する語として用いられて、異様な姿形をした鬼畜のイメージと結びついていくようになったものと推察される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「異形」の解説

い‐けい【異形/異型】

形や型が普通とは変わっているもの。いぎょう。

い‐ぎょう〔‐ギヤウ〕【異形】

[名・形動]普通とは違う怪しい形・姿をしていること。また、そのさま。「異形の者」
「樹木が―な姿を空に現わした」〈梶井・闇の絵巻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android