異形(読み)イギョウ

  • いぎょう ‥ギャウ
  • いぎょう〔ギヤウ〕
  • いけい
  • 異形/異型

デジタル大辞泉の解説

[名・形動]普通とは違う怪しい形・姿をしていること。また、そのさま。「異形の者」
「樹木が―な姿を空に現わした」〈梶井・闇の絵巻
形や型が普通とは変わっているもの。いぎょう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

名 ・形動 [文] ナリ 
普通と違った怪しい姿・かたちをしている・こと(さま)。 -の者 ともへ-なろくろ首の変装人物が現れ/幇間 潤一郎

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (形動) 普通とは違った形やそのさま。あやしい姿、ようす。また、ばけもの・妖怪の類。いけい。
※霊異記(810‐824)下「妙見菩薩、変化して異形を示し」
※幇間(1911)〈谷崎潤一郎〉「忽ち舳へ異形(イギャウ)なろくろ首の変装人物が現はれ」 〔晉書‐阮瞻伝〕
[語誌]「霊異記」では、挙例のものや「異形を播(ほどこ)す」(下)のように、単に異なる姿形や不思議な現象そのものを意味しているが、平安末期の「今昔物語集」では天人や鬼共を形容する語として用いられて、異様な姿形をした鬼畜のイメージと結びついていくようになったものと推察される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

異形の関連情報